Before & After

屋根重葺工事

Before
After

概要

三木市K様邸(リピーター様)築25年 鉄骨住宅2階建(寄棟)

いつもご用命頂き、ありがとうございます。

大棟、下り棟のビス浮き、抜け/コーキング切れから雨水が浸水、その下のルーフィング(屋根の防水シート)が新築時の施工不良で

雨水が野地板(屋根の下地材)までにたっし、野地板が腐朽。東西南北の屋根に浸水を確認、特に北側の屋根はたわみがひどく

危険な状態でした。屋根裏からの確認でも野地板は大変な状態でした。お客様と何度も検討し、既存の屋根の上にもう一度、

屋根を作る事にしました。瓦は金属瓦に仕様変更。

「仕方がない」と高額な費用負担をいただきましたが、同業者として新築時に規程通り(普通に)のルーフィング施工を施して

いたら、ここまでの事態には至っていません。

この様な事態を防ぐ為に当社の建物診断をお勧め致します。K様も「これからは年1回実施して欲しい」との事。

お客様は「家は頑丈、丈夫」と言う先入観が強いですが、メンテナンス不要建造物など存在しません。

少し説明が外れた感がありますが、話を戻しますと同案件に関し、事故が発生する前で良かったと考えます。

北側以外の三方向には太陽光が設置されておりました。

お約束しました1年毎の点検もお任せ下さい。

この度はありがとうございました。

 

 

 

データ